サイトメニュー

手術の料金目安

注射器

費用対効果を考えて

鼻の整形方法はいくつかあり、メジャーなのはプロテーゼによる隆鼻術だと言われています。希望する高さや形になるよう、適当な形状のプロテーゼを挿入します。プロテーゼは様々な形状が用意されているので、より多くの種類を揃えているクリニックを選ぶと良いかもしれません。また、オーダーメイドで製作してくれるクリニックなら尚安心です。費用はピンキリで、10万から60万円となっています。先を尖らせたり小さくしたりする鼻尖形成術という整形手術は鼻先の軟骨を寄せて細くするのが基本的な効果ですが、得られる効果が異なる術法がいくつかあります。費用は25万から40万円ほどが目安です。さらに、その人の形状によっては、両方の手術を併用することもあります。そうなると費用がアップすることも予想されます。理想の形を手に入れても、顔全体のバランスが崩れては美しくありません。どんな方法が自分に合うのか、カウンセリングで医師にアドバイスをもらうことが大切です。事前に予約を入れてカウンセリングを受けてください。

隆鼻術で使用するプロテーゼは人工軟骨で、人工関節や人工心臓などの素材と同じです。変形や変質することがなく、耐久性は高いです。使われることが多いのはシリコン製ですが、眉間付近からしっかりと高さを出したい場合は、ゴアテックス製が使われます。整形手術の際は鼻の穴からプロテーゼを入れるため、傷跡が表に残らないのがメリットです。絶対腫れないわけではないものの、それほど大きく腫れる可能性は低いです。鼻尖形成術は軟部組織を切り取るので、元に戻ることはほぼありません。プロテーゼの場合、次第に皮膚が薄くなっていくにつれて目だって来てしまうことがありますが、その心配もないです。整形手術でメスを入れることに抵抗がある人は、ヒアルロン酸を注射して高さを出す方法や、溶ける糸を挿入して高くする方法も選べます。ヒアルロン酸は濃度の高いものが使われるため、体内に吸収されるまで12ヶ月から15ヶ月が目安と言われています。他の部位に注入するヒアルロン酸よりも持続性があるのが嬉しいところです。なお、溶ける糸は半年くらいで吸収されます。費用はメスを入れる手術よりも安いです。それでも何度も行うとなれば結局費用が嵩むため、良く考えて術法を選んでください。

Copyright© 2019 患部の状態を多角的にチェックして最適なパッケージを紹介 All Rights Reserved.